チャリ屋で車両点検したら良い事いっぱいだった

チャリ屋にチャリの点検に初めて行ったら
思ったよりいいことがあったので書こうと思います。

きっかけ

3週間後に行われるロードバイクのイベントに参加するために
イベント運営から「チャリ屋で点検してもらって、点検済みの確認書類書いてもらってね」
って言われたので、点検してもらいにチャリ屋に行った。

よかった事

チャリについての質問ができる!

日頃チャリのことで疑問が湧いても近くに聞ける人がいないので
そのままに分からないままにしてしまっていたことが聞ける。

自分は、後輪の外し方が分からんかったので(ド初心者です)
この際に聞いたら丁寧に教えてもらえたのでありがたかった。
(後輪外したあとの付け方も教えてもらえてよかった。上手く戻せるか不安でいつも外してなかった。。。)

後輪の外し方教えてもらってるときに、
ブレーキって緩められるんだってことも初めて知ることもできた。
(ガチャッって開くことができる)

日頃前輪は外すんだけどブレーキ緩めたりはしてなかった。
店員さん曰く、
タイヤ付けるときにブレーキに当たってスッって入らないことがあるので(後輪とか特に)
ブレーキ緩めてからタイヤ付けるようにしたほうがスッって入りやすいとのことだった。
そういう豆知識的なことが聞けるし、プロの人と話す機会になるというのはとても良い。

 

自分はタイヤに向きがあるというのが分かってなかったので(ド初心者です)
「タイヤ反対になってたのでなおしときましたよー」って言われて
「え、タイヤって向きがあるんですか?」って会話になって、教えてもらった。
写真で説明すると、溝の線同士の幅が右にいくにつれて狭くなってますね
なのでこれは右側に回転するのが正しいです。

 

タイヤ取り付けるときに両サイドに付けるバネも
なんか片方に2つ付いてしまっていたので、それも言ってもらえた。

 

などなど、変なことしてしまっているときに気付いてくれて言ってもらえるので
そういうことが分かる良い機会でもある。

メンテナンスしてもらえる。

点検に行ってるので当然っちゃ当然かもしれないが、
ネジが緩んでるところとかいろいろ調整してくれる。
自分は、チェーンの遊びが少し長くなってたのと
ブレーキのデフォルトの開き具合が広くなり過ぎていたので狭くしてもらったのと
たぶんチェーンにも油刺してもらえた。

あと、上でも書いたがタイヤの向きが反対になってたのも直してもらえた。
そういうの直してもらうのも点検料に入っているので
お金払ったあと、部品購入が必要とかじゃなければ直せるところは直してもらえる(店によるかも)
なので本当、悪いところあったら一通り良くしてもらえるので、とても良い。

帰りにチャリ乗ったときは、行きのときよりも明らかに力が車輪に伝わってる感じがして
「点検すげー!」って思いながら気持ち良く帰ることができた。

まとめ

日頃は、チャリに乗ってるときとか乗る前とかに
「これこれについて(整備の仕方とか)帰ったら調べるかー」って思うんだけど
家帰ったら疲れてるので調べるのが面倒になってしまうんですよね。

そこで、家の近くの店に点検に行くとかだと、店の人に聞いたら教えてくれるし
会話しながら疑問に思ったこともその場で質問できるので良いですね。
また、悪いところは直して良い感じにメンテナンスしてもらえるので、
自分のチャリが思った以上に無駄に力をいれないといけなくなっていたことにも気付けますね。
メンテナンスしてもらってからの帰路は、スイスイ進んで最高でした。

大会とかで定期的に点検している人はいいかもですが、
もう数年点検してもらってない人は、一度見てもらったらいかがでしょうか。
もちろん安全性の面での意味が強くて、
オプション的な意味で、今日書いたようなこともあるので
点検料(1500 ~ 2000店による)で得られるものにしてはとても良い気がします。

日頃からパーツいじったりしてる人にとってはそうでもないかもですが^^;
僕みたいな初心者にとってはとても良い機会でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です