ソフトスキル第2章まとめ

スタートから派手に行こう!誰もがするようなことはするな

あなたは、空高く打ち上がり綺麗に爆発する花火だろうか。

それか、空高く舞い上がるも不発して落ちていく花火だろうか。

自分のスキルを事業として、自分を事業者としてとらえよう

世の中のソフトウェア開発者は自分のキャリアをビジネスとしてとらえておらず、それが大きな誤りだ。

私たちはコードを書いて世の中を渡り歩く世界にいるので、中世の街で店を準備している鍛冶屋と同じだ。

私たちはスキルによって取引をしていると考えてよいだろう。

自分のが自分のキャリアビジネスの事業者だと考えると、自分という事業のために優れた判断を下せるようになる。

会社から給料をもらうだけという考えをしてしまっていると、ただの従業員という思考になってしまう。

そうではなく、渡したちは会社という顧客に対してビジネスを行っているととらえないといけない。

自分を事業とする考え方

自分を事業として考えただけでは大した意味はなく、その意味を考えなければいけない。

自分はビジネスは製品を売って成り立っている

私たちが売る製品というのは、「ソフトウェア開発」というサービスを売っている。

そしてそれは、「ソフトウェアを開発するスキル」を売っていることにもなる。

自分のスキルというサービスの売り方を考えよう

私たちはスキルを持っているだけでは不十分である。

世の中の一般的なサービスはしっかり売り方を考えてマーケティングしている

同じように、私たちは世の中にゴマンといる開発者と比べられるように、その売り方をしっかり考えなければならない。

たとえば、

自分が提供するサービス(スキル)を向上させる

顧客(会社やクライアント)のニーズにあった売り方をする

このように考えると、一般的なサービスのマーケティングと、私たちのキャリアをマーケティングすることはとても近しいことが分かる。

自分は自分のキャリアの事業主だと認識し、顧客へのサービス(スキル)の提供の仕方をや提供するサービス(スキル)についてよく考え、いいキャリアを築いていこう。