【サポーターズCoLab勉強会】客先常駐エンジニアが戦闘力を上げるN個の方法に行ってきました

【サポーターズCoLab勉強会】客先常駐エンジニアが戦闘力を上げるN個の方法

https://supporterzcolab.com/event/362/

に行ってきたので、そのレポート

※今回の講演は、あくまで登壇者の方の経験や意見です。

そもそも客先常駐って何?

  • 別の企業に出航して働く形態
  • SI系によく見られる
  • 派遣の場合もあるが、そうでない場合もある。

求人について

  • とりあえず未経験でも採用しているところが多い
  • 大手は新卒メインだが、中途は通年採用もしている
  • 前期黒字(設けている)ことを強くアピール
  • 土日はしっかり休めそうな雰囲気
  • 開発案件に携われるということを押している

実際にやる仕事

  • コールセンターだったり
  • SEサポートだったり、
  • ヘルプセンターだったり
  • テスターだったり
  • etc…

メリット

  • 大手企業で仕事をする権利がもらえる可能性がある。
  • 日頃触れないような、古い技術を触ることができる。
  • 給料は悪くないこともある。

デメリット

  • コミュ障にはやさしくない「調整業務」が発生する恐れ
  • 「まずやりたくない仕事」にぶちこまれる恐れ
  • 給料が良いとも限らない
  • 技術的モチベーションの高い人が少数派の恐れ
  • 技術的な向上が望めない場合もある

ぶっちゃけると、研修充実は怪しい

 → 十分な研修ができない可能性

なぜか

  • 教育的ノウハウがない
  • 下請け的なポジションになりがち
  • 保守的になりがち
  • リードするような人がいなかったり
  • モチベーションが低い空気

更にそれはなぜか?

  • そもそも入社する人の特徴が、休みや正社員に惹かれて来る人
  • プライベートな時間の使い方が勉強とかでなかったり
  • 自分が将来どうなりたいかとか、あまり考えてない
  • 安定を求めている
  • 技術に対するモチベーションが低い

客先にエンジニアをぶち込む人(自社の営業の人)の特徴

  • 法人向けの営業脂肪だった
  • 「ベンチャー」という言葉の響きに惹かれた
  • ITに興味がない
  • とりあえず、売り上げやノルマを達成すればいい
  • 数字や単語の組み合わせで仕事をしている
    → 「phpとは、何かサービスを作れるもの」など
    → 経験は何年で、給料はどのくらいで、ということだけを見て人を選んだりする
    → その人がどのようなことが得意か・やりたいかということは見ていない

戦闘力の上げ方

  • とりあえず勉強会に積極的に出てみよう
  • 周りのエンジニアや客先と仲良くなっておこう
  • 開発をやりたいなら自分でサービス作ろう
  • 副業やインターンに手を出してみよう
  • 自社に過度な希望をもつのはやめよう

実践できたら、次のステップ

  • とりあえず勉強会でLTとか登壇する
  • 客先から自分に会う案件を直接紹介してもらう
  • 自分で作ったサービスを人に使ってもらう
  • 異業種交流会とかで小規模な受託案件を探そう

本当の自社との付き合い方

「自社 = 自分の味方」ではないかも?

  • 敵というわけであはないが、少なくとも味方ではない恐れ
  • 敢えていうなら、自社は取引先
  • 基本的には、サポートは期待できない
  • 自社待機の社員は負債という見方も

会社の基本

  • 安く仕入れて高く売る
  • 長期的な教育よりも短期的な利益

どうしたらいいの?

  • 技術の学習はできるだけ自力で
  • 受けの姿勢よりも攻めの姿勢で
  • 副業はどんどんやろう
    → 実は、会社は副業禁止とは言えない。
    ただ、会社に不利益が怒るようなことはやってはいけない。
  • とにかく情報を集めること、集めまくること
    → 結構、常駐先の人からぽろっと聞けたりもする。

担当営業とは仲良くなろう

敢えて言うなら、担当のために働いてあげよう
→ 自分に仕事を持って来てくれる人のために働こう
会社は守ってくれないが、担当は守ってくれるかもしれない。

担当のことが信用できなくなったら終わり

担当もエンジニアが信用できなくなったら終わり

自分の会社のことを理解しよう

絶望する前に、会社に一石投じよう

居続けることもできる。辞めることもできる。

僕らは自由であることを常に頭に置いておこう。

【サポーターズCoLab勉強会】20代エンジニアのキャリア論に行ってきました。

【サポーターズCoLab勉強会】20代エンジニアのキャリア論

https://supporterzcolab.com/event/168/

に行ってきたので、その時のレポート

1万人のエンジニアと話した非エンジニアが伝えたい5つのこと】

1. 自らの希少さを知ろう

ITエンジニア/労働者 の割合は0.3%

300人に一人の希少人材

誰にでもできる仕事じゃない。

需要は右肩上がり(非IT領域全てが対象に)

 

(主催者の方の予想)

プログラミングを学習に取り入れようという動きもあるが、

総エンジニア人口はそんなに増えないと思う。

なぜなら、

英語も教育に取りれられているが、英語話せる人は日本でも少ない。

同じように、プログラミングが学習に取り入れられ、

プログラミングができても、hello worldくらいで、

実務に活かせる人はそんなに増えないだろう。

2. 年収の話。

年収が上がると幸福度が上がるが、

ある一定の値を超えると比例しなくなって(それ以上幸福度があがりにくくなって)くる。

その値はどのくらい?

A. 600

参考記事

https://tensyoku-assist.com/annnual-income/854

そしてそのくらい稼げたら、更にその先の自分が打ち込みたいことが見えてくる。

600万くらい稼げるエンジニアになろう。

3. 自分の位置を知ろう

エンジニアをすごい順に並べたとき

上位5%

上位6%~10%

上位11%~20%

それ以外

あなたはどこに位置するだろう?

 

20%までに入れれば、きっと人生は楽しい

(キャリアを選べるようになるので)

 

10%までは、努力でいける

4. 新卒&3年目&30歳はまじで分岐点

転職活動をするときは

  • 転職は1つ上のレベルの会社を目指す
  • その会社の中間より下でいい(エース待遇は微妙。その後の伸びが小さくなる)

また、

エンジニアのレベルをあげるためには、勉強会に参加するだけではいけない。

何かしらそこで学んだことをアウトプットしないといけない。(ブログでも勉強会講師でも)

5. もし僕(主催者の方)がエンジニアだったら

起業 or スタートアップ

エンジニアは起業かスタートアップをしたほうがいい。

ただし、新卒の時期に上位5%に入っているか、3年目の時期に上位10%に入っている人が好ましい。

なぜなら、起業・スタートアップはとてもしんどいから。

Q&A

Q. インプットしか日頃していない人に、「アウトプットもしないといけない」と言ってもなかなか難しいと思う。どうすればできるようになるか?

A. アウトプットしても恥ずかしくないようになる。rubyのまつもとひろゆきさんも言っていたが、空気を読まないようにする。

こんなことアウトプットしても大したことないんじゃないか。批判を食らうんじゃないかということは棚にあげて、気にせずアウトプットをする。