【再演!エンジニアのためのコーチング入門】に行ってきました

再演!エンジニアのためのコーチング入門

https://coaching.connpass.com/event/143926/

に行ってきたので、そのときのレポート

 

人と話すことが苦手な人の方が、コーチングは上手くなる/三橋 新さん

コーチとして、可能性を選ぶか、評価を選ぶかで、

その後の方針が変わってくる

「なぜ、人と話すことが苦手な人の方が、コーチングは上手くなるのか?」

コミュニケーションとは、上手に話さないといけないのか?

コーチングの場合はそうではない。

究極をいうと、自分は話さなくてもよい。

相手の言うことを引き出すことに徹する。

逆に、喋りたがりの人は、抑える練習をしなければいけない。

3つの現実レベル

  1. KPI
  2. 自分はこう感じるというレベル
  3. 直感や、なんとなくのレベル

仕事では、上(1の方)の会話をよくするが

コーチングにおいては、抽象度を高めてみたほうが良い。

なぜなら、自分の無意識に触れられるから。

人は、話ながら頭を整理していく部分もある。

なので、質問をしてみて、相手に思考を整理させるようにする

まとめ

  1. コーチングで一番大事なことは何をどうするか?ではなく
    相手のことを信じて可能性を引き出すこと。
  2. 抽象的な問いかけをして、相手の思考を整理させてあげることが大事。

エンジニアリング組織の1on1におけるコーチングスキルの活かし方/谷内 真裕さん

「在り方」

1. 自己探求と自己管理

2. 向き合い方

「やり方」

3. 場づくり

4. コーチングのスキル

1. 自己探求と自己管理

1on1 をしていると、コーチングしている側も、自分についても考えさせられる場面がある。

そのため、自己探求はとても大事。

  • 1on1 の最中に、いろいろと考えてしまう。そうなると、相手の話を聞けなくなってしまう。
    • なぜこうなるのか?
      • 誰もが、Belief というメガネをかけている

Belief: 考え方や信念のこと

例えば、1on1 している側は、

「私はこの人をコントロールしなければならない」

「私はこの人よりも優れている」

「この人を変えないといけない」

etc…

ということを考えてしまう。

どうすればいいのか?

コーチングの切り口でいうと、自己探求(内なる声に気づく、暗黙的な Belief を探求する)が、大事。

例えば、日頃当たり前だと思っていることは

なぜなのかを考えずに、ショートカットしてしまう。

 

もう一つ大事なこと

自己管理(自分の内なる声を横におく)

自分のことよりも、相手のことを優先する。

そうすることで、相手の話に耳を傾けることができる。

 

自己探求(自分の内なる声に気づく)  自己管理(自分のことを横におく)

の順で進めて行くことで、相手の声に焦点をあてられる。

まとめ

Belief や囚われに気づくことから始める。

2. 向き合い方

1on1 をしていて/うけていて

暗黙的な何かを感じることはありませんか?

例えば

  • 本音を言っちゃうと、評価に影響するのではないか?
  • 1on1 をする側からすると、この人のレベルはこれくらいかなと思ってしまう。
  • 実は 1on1 に恐怖を感じているとか

etc…

それらは、隠していてもバレてしまう。

なので 1on1 をする側は、1on1 によってどうすれば

良い影響を与えられるか考えよう。

 

良い言葉として

「人はもともと想像力と才知に溢れ、欠けるところのない存在である」

というものがる。

 

それを意識するようにすると良い。

例えば、その人に好奇心と可能性を持つ。

それが、その人を信じることに繋がる。

 

順番としては、

  1. まずは自分を信じる
  2. 相手を信じる
  3. 自分の好奇心を育む
  4. 直感と遊び心を持って問いかける

ということをしていれば、自分も変わるし、相手も変わる。

相手を信じるほど、意外と自分も変わっていきます。

3. 場づくり

1on1 の大半の悩みは、場づくりがされていなくて、困っているはず。

例えば、

  • 話したいことありません
  • 時間が取れない。
  • 変化がない

etc…

こうならないために、1on1 をデザインしましょう。

例えば

  • ある程度形式が決まっていたら、思い切って崩してみよう
  • ネガティヴ / ポジティブ を話しても、安心してできるようにしよう。
  • 相手がとても困っているなら、1on1 を意識せずに、吐き出す時間にしよう

etc…

場づくりは、いつでもその瞬間から

相手と始めることができる。

例えば、1on1 の内容を定義づけしなくても良い。自由にやってもよい。

雑談で終わってもよい。会議室で行わずに、カフェとかでやってもよい。

起こることの全ては、相互理解と信頼関係のきっかけにできる。

順番としては、

  1. 1on1 の目的を説明する
  2. ふたりの関係性を構築する
  3. 相互理解をする。

4. コーチングのスキルについて

  • 反映というスキルは、相手の鏡になること
    • 言われて気づくもの
      • 今日は明るいね、疲れてるね。など

 

スキルは始めから使うのではなく、

相手との関係性が築けてから使う。

その上で、傾聴などを行う。

傾聴のスキルを養うには、やはり練習が必要。

本も大切だが、経験を重ねることが大事。

まとめ

相手にあたえるインパクトがスキルです。(こういうことが言えるからスキル、とかではない。)

遊び心をもって練習してみよう!


エンジニアリングマネージャー育成におけるコーチング~マネージャーにはどんな資質が必要なのか?~/ 安西 さん

例えば、上司が変わると環境がとても変わる。

仕事のやりやすさや、自由度など

そのため、エンジニアリングマネージャーは成長しなければならない。

マネージャーになると、「在り方」が大事になります。

ポイント:オーセンティックであるか?

オーセンティックとは?

日本はまだまだだが、海外では、リーダーシップをとる人はオーセンティックであるべきだと言われている。

オーセンティックとは、

「自分らしさ」を貫いていること。

昨今は、変化が激しすぎて、明確な答えがない。

そのため、「俺がこう言うんだからこうだ、ついてこい!」みたいなリーダーシップでは

人はついてこない。

そのため、自分らしさや、自分の考えをしっかりもつことが大事。

オーセンティックのポイント

  • 自己認識力を高める
    • 自分と向き合う
    • 自分がわかる
  • 他者のフィードバックを受け入れる。
    • 他者とのギャップを埋める。
  • 弱さを認める
    • できないこと、わからないこと、弱いことを自分で認めているか?
  • 弱みや恥を他人に話す
    • できないこと、わからないこと、弱いことを他人に話せているか?

強いリーダであるよりも、オーセンティックであることのほうが勇気が必要である。

べき論、リーダ像の思い込みを外して、探求し続けなくてはならない。


Q & A

Q1. コーチングという名前のイメージが、相手を導くというイメージがあるが、それについてどう思うか?

A1.

三橋さん

そうは思わない。

一緒に探していくものだと思う。

谷内さん

三橋さんと同じ。

その人が本当に望んでいるものを目指して行くのが大事だと思う。

 

Q2. 自分の弱みをさらけ出すのが大事というのも分かるのだが、弱みを出しすぎても威厳が保てなくなって、人をリードすることが難しくなるのではないか?と思っているが、そういうことありますか?

A2.

安西さん

それは、あります。

弱みをさらけ出すのはタイミングが大事。

初対面の人にさらけ出しても、良く思われない。

ので、関係性が築けてからさらけ出して、より良い関係にしていくのが大事。

あとは、弱みをさらけ出した結果、相手(部下)の方が優れていたら、教えてもらうことができる。

逆に、弱いにも関わらず、強いふりをしてしまったら、それは相手にバレて、一瞬で信頼がなくなってしまう。

それよりも、部下に教わって自分を高めることで、「この人は成長する人なんだ」と、部下にも思ってもらえる。

 

Q3. コーチングは基本的に相手にフォーカスして進めていくということだったが、何回コーチングしても相手が育ってくれなかったりした場合に、強めの言葉でフィードバックしないといけない場面があると思うが、そういうときに良いやり方はあるか?

A3.

三橋さん

相手ができない、やりたくないと思っていることがあると思うので、

コーチングの際は裏目的を聞くようにしている。

谷内さん

聞くモードに入るのか、フィードバックモードかを切り替える。

例の状況だったら、フィードバックモードに徹する。

事実ベースで伝えて、それに対して、相手がどうしたいのかを聞くモードで聞く。

よくあるが、全部を 1on1 で解決しようとしない。

1on1 をうまく使って解決するようにする。

安西さん

その人の根本的な課題な何なのか?を探る。

きっと、何か自発的な動機が引っかかってそのような状況になっているはず。

それを探るようにする。

 

Q4. 1on1 の場づくりのところに、「墓場まで持って行く」というのがあったが、それは守れているのか?というところが気になった。というのも、これは誰かに相談したほうがいいというのがあるから。

A4.

谷内さん

たしかに、そういう場面もあるので、

外への出し方も一緒に相談する。

例えば、「○○さんにこのこと相談していい?」という合意をとって進めるようにする。

全てを墓場まで持って行く訳ではない。

 

Q5. 評価をする側になってしまったのだが、コーチングする際に気をつけることはあるか?

A5.

谷内さん

「この会話は評価に影響しません」と約束をしてみるのはいいと思う。

また、会社の人っぽくないことをしてみるのも良いかもしれない。

例えば、一緒に散歩に行ってみるとか、ランチに行ってみるとか。

上司と部下という関係を意識しないようなことをしてみると良いかもしれない。

ソフトスキル4章まとめ

まず始めに、私達は人との良い接し方をとらないといけないということを認識しよう

私達はコードのために働いているわけではなく、人のために働いている

私達は一日中コードを書いていたいと思うかもしれない

人との調整ごとなどできればしたくないと思うかもしれない

 

だが、そこについては一度考えなおしてみるとよい

私達が書くコードは、コンピュータから「この実装をしてくれ」と言われて書くものだろうか。

 

いや、違う。

人から「こういうことを実現したい」と言われてコードを書くのだ

コードに落としこむ内容を決めるために会議に出るし、ビジネス的な戦略を練ったりするだろう

 

このように、私達がコードを書く理由は人からきているのだ

自分の仕事はコードを書くことだと思い込むのではなく、

他の職種同様、人と接する職種だと認識しなくてはならない

このことから、私達は人との良い接し方をとらなければならない

人との接し方を学ぼう

「大切にされている」と誰もが感じたい。

人と接するときに最も重要にしたいことは、相手がどうされたいかを意識することだ。

 

では、相手はどうされたいか?

要望はいくらでもあるだろうが、最も根本的な要望は「大切にされたい」ということである。

この最も根本的な要望を常におさえたまま、人とは接しなければならない。

 

仮に、人を見くびったり、存在を否定するような接し方をしてしまった場合、

相手は自分に対して反抗的な姿勢になってしまうことを肝に銘じよう。

決して批判してはならない

人は大切にされたいという心理が理解できると、

批判が目的の結果を生み出さないことも理解できるだろう。

 

また、良い行動を褒めるほうが、悪い行動を懲らしめるよりはるかに効果的だということは、

数々の研究成果で示されている。

 

リーダーである人なら、メンバーにベストを出させたいときには、

余計なことは言わずに褒める言葉を繰り返すのがよい。

 

一つ例を出すと、あなたのこれまでの上司で、

失敗に対して叱責を繰り返す人がいたら、そのときのことを思い出してほしい。

叱責されて、やる気が出ただろうか、モチベーションが上がっただろうか。

多くの人は、あなたと同じようにモチベーションはあがらない。

他人の立場になって他人主体で考えよう

相手の立場になって物事を考えたり、話し方を変えるようにしよう。

そうすることで、相手のことを軽んじたりしたり批判したりすることを避けることができる

 

相手の立場になるうえで重要なことが、相手が何を望んでいるか、

何を大切にしているかを把握することだ。

自分が話をする番になっても、相手の立場になって、相手中心の話題になるようにしよう。

 

例えば

ある機能をある特定の条件で実装したいとなった場合、それをそのまま上司につつえるよりも、

その実装をすることで相手(上司)にどんないいことがあるのかを伝えるほうが、

承認をもらえる可能性がグッと高くなる。

議論は避けなければならない

ソフトウェア開発者の我々は、論理的な議論によって最適な解を得られると思っている。

 

しかし、それは間違いだ

議論する人は、思ったほど論理的になれない。

 

見た目は大人であっても、時には感情を剥き出しにするし、何か反論されたときなどには感情的な意見を言ってしまったりする

そういった理由で、議論によって最適な解を導き出せるわけではないので、避けなければならない。

 

泣き叫ぶ子供に正しいことを論じても通じないように、

あなたに冷たくされて人は、あなたの言うことに賛同しないだろう。

 

何かのやり方について賛同できないとき、特にそれに人が関わっているときは

命をかけてまで反対するべきかどうかを考えよう。

自分の意見を諦め、相手の意見を尊重した実績を積み上げれば

いずれ相手は自分の意見に耳を傾けてくれるかもしれない。

 

社交術のために時間を使ったことがなければ、いますぐ始めたほうがいい。

そうすれば自分の人生がもっと楽しくなり、それは値段がつけられないほど価値のあるものだ。

「毒」のある人の扱い方。

他人を蹴落とすことばかり考えていたり、自分を犠牲にして悪いことを集めたりする人はいるものだ。

そういう人に出くわしたら、できる限り早く距離をとったり、逃げ出したりしよう。

それが最善だ。

もし、どうしてもその人と関わらなければならない場合の選択肢は

  • 相手のご機嫌をとる
  • 異動を検討する
  • 感情的にならないように最小限の範囲で接する

ことだ。

ソフトスキル第3章まとめ

未来について考える。あなたの目標は何?

目標を決めなければいけない

目標を決めなければ、ズルズルと日常に流されてしまう。

自分が数年後、数十年後どのようになっていたいかの目標を決めなければ、目標に向かって進むこともできない。

目標を決めるのは恐いことではある。

自分の進む道が間違っていたらどうしようとか、進んだ先が気に食わなかったらどうしようとか。

だが、自分で目標を決めなければ、良いチャンスが舞い込んでこないかと棚からぼたもちを期待するだけの人生になってしまう。

むしろそのままでは、今の会社に解雇されるまでポストにしがみつくだけの人生になってしまう。(会社に居続けるのが悪いわけではなく、その中で目標があるのならよいと思う。)

目標がなければ、いますぐ立ち止まって目標を決めなければいけない。

目標の設定方法

目標を設定する必要があることを認識したら、目標を設定しよう。

だが、目標を設定することは難しい。

まずは、長期的な大きな抽象的な内容で良いので、遠い数年後の目標を立てよう。

大事なのは、目標達成の方向に向かっているか、逆の方向に向かってしまっていないかを判断できるようになることだ。

大きな目標を小さないくつもの目標に分割しよう

大きな目標が決まったら、次はそのためのステップを考える。

大きな目標は大きな一歩で達成できるものではなく、小さな一歩一歩の積み重ねによってなし得ることができる。

例えば、上級レベルのプログラマになりたいのであれば、いくつもの技術書を読まないといけないだろう。

その中で、今年一年でこの本をマスターしようなど、そういったことが一歩一歩になる。

小さな目標を設定することは、日々の生活に落とし込める

小さな目標を設定すると、毎日の生活でしなければならないことに落とし込むことが容易になる。

例えば、今年一年で技術書を一冊マスターしたければ、1日何ページこなさなければいけないかなど

小さな目標にすることは、日々のモチベーション維持にも繋げることができる。

大きな目標だと達成するのに何年もかかるかもしれないが、

小さな目標だと頻繁に達成感を味わうことができる。

大きな目標に一歩一歩近づけているという充実感もある。

また、小さな目標を設定していれば、大きな目標への軌道修正もしやすくなる。

目標の再設定をする期間を設けよう

「目標に向かって進んでいるつもりでいたが、気がついたらしばらく間違った道を進んでしまっていた、とうような」ことは避けたい。

定期的に目標を再設定する期間を設けよう。

そうすることで自信を持って前に進むことができる。

前進できているか、何か調整が必要かを確かめるためにも、短期的目標と長期的目標で達成できたことを振り返ってみよう。

ソフトスキル第2章まとめ

スタートから派手に行こう!誰もがするようなことはするな

あなたは、空高く打ち上がり綺麗に爆発する花火だろうか。

それか、空高く舞い上がるも不発して落ちていく花火だろうか。

自分のスキルを事業として、自分を事業者としてとらえよう

世の中のソフトウェア開発者は自分のキャリアをビジネスとしてとらえておらず、それが大きな誤りだ。

私たちはコードを書いて世の中を渡り歩く世界にいるので、中世の街で店を準備している鍛冶屋と同じだ。

私たちはスキルによって取引をしていると考えてよいだろう。

自分のが自分のキャリアビジネスの事業者だと考えると、自分という事業のために優れた判断を下せるようになる。

会社から給料をもらうだけという考えをしてしまっていると、ただの従業員という思考になってしまう。

そうではなく、渡したちは会社という顧客に対してビジネスを行っているととらえないといけない。

自分を事業とする考え方

自分を事業として考えただけでは大した意味はなく、その意味を考えなければいけない。

自分はビジネスは製品を売って成り立っている

私たちが売る製品というのは、「ソフトウェア開発」というサービスを売っている。

そしてそれは、「ソフトウェアを開発するスキル」を売っていることにもなる。

自分のスキルというサービスの売り方を考えよう

私たちはスキルを持っているだけでは不十分である。

世の中の一般的なサービスはしっかり売り方を考えてマーケティングしている

同じように、私たちは世の中にゴマンといる開発者と比べられるように、その売り方をしっかり考えなければならない。

たとえば、

自分が提供するサービス(スキル)を向上させる

顧客(会社やクライアント)のニーズにあった売り方をする

このように考えると、一般的なサービスのマーケティングと、私たちのキャリアをマーケティングすることはとても近しいことが分かる。

自分は自分のキャリアの事業主だと認識し、顧客へのサービス(スキル)の提供の仕方をや提供するサービス(スキル)についてよく考え、いいキャリアを築いていこう。